ホーム > イベント > 12月例会ジョアキーノ・ロッシーニ作曲喜歌劇《ラ・チェネントラ》鑑賞会のお知らせ

件名 12月例会ジョアキーノ・ロッシーニ作曲喜歌劇《ラ・チェネントラ》鑑賞会のお知らせ
主催 映像オペラを楽しむ会 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
開催日 2018年12月20日  
開催時刻 開場13時10分開演13時30分 終了予定16時50分 
締切日 下記「問い合わせ先」まで。  
会場 川崎市国際交流センター http://www.kian.or.jp/accessmap.shtml 
地図・案内図

(画像をクリックすると拡大します)
定員 200人 
対象者 オペラに関心のある方 
申込方法 下記 「問い合わせ先」 まで。 
費用 年会費制 年会費4000円(12回分) 初回見学無料 
内容詳細 §あらすじ
舞台は18世紀、南イタリアのサレルノ。王子ラミーロは王家の血を絶やさぬために早急に王妃を娶らねばならない。国を挙げての花嫁探しが始まる。王子は賢者アリドーロ先生の助言を受け入れ、従者ダンディーニと衣装を取り換え、従者に変装して自分の目で花嫁を探すことにした。ドン・マニフィコ男爵の家には三人の娘がいる。チェネレントラと呼ばれるアンジェリーナは、義父ドン・マニフィコ、彼女の義理の姉妹クロリンダとティスベに毎日こき使われ痛めつけられている。ある日、アリドーロ先生が物乞いに変装しドン・マニフィコ邸を訪れるが、クロリンダ・ティスベ姉妹はさっさと出て行けと「けんもほろろ」の扱い、アンジェリーナがそっとパンとコーヒーを恵んでくれた。アリドーロ先生は王子にマニフィコ男爵邸に行ってみろと助言する。従者に変装した王子はアンジェリーナを見て一目惚れ。王子になりすませたダンディーノは男爵家の娘を舞踏会に招待するが、何故か舞踏会に出席するのは二人だけ。三人目の娘はと問い詰めると死んでしまったと答えるから話がややこしくなる。アリドーロ先生は、アンジェリーナが宮殿の舞踏会に出席できる様にお膳立てをする。
宮殿で自分に対する愛を確認して喜ぶ王子に対し、アンジェリーナは銀の腕輪を王子に渡し、これと同じ腕輪をしている女性を探して下さい、それでも嫌でなかったらあなたと一緒になりますと言って走り去る。王子は同じ銀の腕輪をしているアンジェリーナを探し出し、彼女を王妃として迎え入れる。『鑑賞の手引き』「来月のお楽しみ」盪顎凸蕾鮴發茲衄歓茵T.W.)
 
問い合わせ先 和田 卓三 045-911-8091
thomasmorewada@nifty.com 
関連URL  
この情報は、「映像オペラを楽しむ会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ