ホーム > イベント > 【参加者募集】争いはなぜなくならないのか〜紛争対立をときほぐすコミュニケーションを考える〜

件名 【参加者募集】争いはなぜなくならないのか〜紛争対立をときほぐすコミュニケーションを考える〜
主催 協働ステーション中央  
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
開催日 2018年8月28日(火) 
開催時刻 18:30〜20:30 
締切日  
会場 協働ステーション中央  〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 5-1 十思スクエア 2F  
地図・案内図

(画像をクリックすると拡大します)
定員  
対象者  
申込方法 以下リンクに記入または協働ステーション中央へ電話かメールで申込みhttp://bit.ly/jissi-cafe-apply-86 TEL:03-3666-4761 FAX:03-3666-4762 E-mail:info@kyodo-station.jp  
費用 無料  
内容詳細 ●十思カフェ vol.86●
争いはなぜなくならないのか
〜紛争対立をときほぐすコミュニケーションを考える〜 

8 月で日本は戦後 73 年。しかし世界では今も土地、エネルギー、モノな ど様々な資源をめぐり暴力的な紛争が続いています。

2016 年末には、世 界の難民・避難民は 6500 万人以上と過去最高に。紛争に人々を動員する 理由付けとして、人種、国籍、文化など様々な「他者」への敵対心、優劣 感情が利用されることも少なくありません。他者へのネガティブな感情は どうしたら乗り越えてゆけるのか。

今回の十思カフェでは、1990 年代に 激しい地域紛争を経験したコソボで、多民族共生のプロジェクトを実施し、 現在川崎市平和館で専門調査員を務める暉峻僚三さんをお招きします。争 いはどのように生まれ、どのように解決できるのかをみんなで考えます。

◆ゲスト: 暉峻 僚三さん(川崎市平和館 専門調査員)

【ゲストプロフィール】
音楽制作、テレビ番組ディレクターを経て、英国・オーストリアの大学院(修士課程)修了。 その後、国際民間協力会 ミャンマー巡回医療現地統括、国際市民ネットワーク コソボ多民族融和促進事 業 事業統括。2011年に帰国後、川崎市平和館 専門調査員。平和教育プログラムの作成やファシリテーショ ン、平和のためのやり⇔とりの場作りを行う。 http://bit.ly/kawasaki-peace-museum

【SDGsと連動】
2018年度の十思カフェは<SDGs(持続可能な開発目標)>の各目標をローカライズした企画をお届けします。
今回は、<目標16:平和と公正をすべての人に>を扱います。 
問い合わせ先 協働ステーション中央
〒103-0001 東京都中央区日本橋小伝馬町 5-1 十思スクエア 2F
電話 03-3666-4761  FAX 03-3666-4762(担当:福島)
メール info@kyodo-station.jp  
関連URL http://chuo.genki365.net/news/hp0001/index01890000.html 
添付ファイル 十思カフェvol86.pdf
この情報は、「(公財)かわさき市民活動センター」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ