ホーム > イベント > 夏休み公害映画上映会2018 北九州市編「公害を語りつぐ」中原区

件名 夏休み公害映画上映会2018 北九州市編「公害を語りつぐ」中原区
主催 (特非)川崎フューチャー・ネットワーク 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
開催日 2018年8月4日 
開催時刻 13:30 - 15:30 
締切日 予約不要(先着順) 
会場 エポックなかはら5階 ボランティア交流室 
地図・案内図
 
定員 24名 
対象者 関心のある方。小学生以上。 
申込方法 事前予約不要(先着順) 
費用 入場無料 
内容詳細 「公害」ってなんでしょうか?

高度経済成長期に、日本各地で深刻な大気汚染公害が起こりました。
川崎でも、北九州市でも、その他の地でも。
そのこと自体は知っていても、では、実際に何が起こっていたのか、そこに暮らす方たちが何を考え、青い空が見える環境と健康を取り戻すために何をしたのかは、なかなか伝わってきません。
今回は、その時代を生きた方たちが作った北九州市のドキュメンタリー映画『青空がほしい』を見ながら、50年前、日本各地で何が起こっていたのか、北九州市がエコタウンに生まれ変わったのはなぜか、学んでいきたいと思っています。

また、同じ頃の川崎についてのショートフィルムも上映し、現在の川崎の大気についても学びます。
※ 北九州市は八幡製鉄所を中心として発展した重工業のまち。川崎とも共通の歴史があります。

以下の日程でも開催します。
7月28日(土)13:30 - 15:30 多摩市民館4階 第一会議室
8月2日(木)18:30 - 20:30 福祉パルたかつ(てくのかわさき3階)会議室
8月14日(火)13:30 - 15:30 東海道かわさき宿交流館4階 会議室 
問い合わせ先 kawasakifuture@gmail.com 
関連URL  
添付ファイル 201807_北九州公害映画上映会 チラシ.pdf
この情報は、「(特非)川崎フューチャー・ネットワーク」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ