ホーム > イベント > 6月例会G.ロッシーニ作曲歌劇『セヴィリアの理髪師』 鑑賞会のお知らせ

件名 6月例会G.ロッシーニ作曲歌劇『セヴィリアの理髪師』 鑑賞会のお知らせ
主催 映像オペラを楽しむ会 
イメージ画像
(画像をクリックすると拡大します)
開催日 2018年6月21日 
開催時刻 開場13時10分開演13時30分 終了予定16時40分 
締切日 下記「問い合わせ先」まで。  
会場 川崎市国際交流センター http://www.kian.or.jp/accessmap.shtml 
地図・案内図

(画像をクリックすると拡大します)
定員 200人 
対象者 オペラに関心のある方 
申込方法 下記 「問い合わせ先」 まで。 
費用 年会費制 年会費4000円(12回分) 初回見学無料 
内容詳細 *あらすじ
アルマヴィーヴァ伯爵はプラドで見かけた娘ロジーナに一目惚れし、 セヴィリアまで彼女を追ってやってきた。伯爵は“貧乏学生で名はリンドーロ”と身分を隠して彼女を口説く。ロジーナもこのリンドーロに恋をするが、ロジーナの住む家には後見人のバルトロがいた。バルトロもまたロジ−ナと結婚したがっており、彼女は滅多なことでは外に出られなかった。伯爵は、バルトロ家に出入りしている理髪師で街の便利屋:フィガロに助けを求める。一方バルトロは、ロジーナの音楽教師ドン・バジーリオから、アルマヴィーヴァ伯爵がロジーナを慕ってセヴィリアへ来ていることを聞き、ロジ−ナを益々厳しく監視する。 
伯爵は変装してロジーナの家へ乗り込み、ロジーナに駆け落ちの相談をするが、バルトロがロジーナに、リンドーロには別の情婦が居ると告げ、バルトロの話を信用して落胆してしまうロジーナ。
フィガロと伯爵は、嵐の夜にベランダからロジーナの屋敷に忍び込み、伯爵はロジーナに本当の身分を明かして改めて結婚を申し込む。ロジーナも誤解が解けて、伯爵のプロポーズを受ける。バルトロも渋々二人の結婚を承諾し、大団円で幕となる。『鑑賞の手引き』「来月のお楽しみ」矢野裕紀子解説より抜(T.W.)
 
問い合わせ先 和田 卓三 045-911-8091
thomasmorewada@nifty.com 
関連URL  
この情報は、「映像オペラを楽しむ会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ