ホーム > イベント > DV被害者対応スキルアップ研修会

件名 DV被害者対応スキルアップ研修会
主催 メンタルサービスセンター 
イメージ画像  
開催日 2017年8月19日から8月20日まで 
開催時刻 8月19日(土)[pm1:30〜9:00]+20日(日)[am9:30〜pm4:30]  
締切日  
会場 大東文化会館(東武東上線東武練馬駅1分):板橋区徳丸2-4-21、他  
地図・案内図
 
定員 30名  
対象者 関心のある方 
申込方法 電話連絡をいただき、事前に受講費の振込み  
費用 二日:予約14,040円(当日\16,200)、一日:予約7,560円(当日\8,640)→入金確認後に、会場案内を送ります.  
内容詳細 近年、DV防止法が施行されるとともに、医療・福祉・相談などの現場では、電話相談や面接を通してDV被害者に対応する機会が増えています。被害者が同じような質問を何度も相談員に尋ねてきたり、被害者の迷いが多くなかなか行動につなげられない、など、対応に苦慮する経験を持つ援助職の方も多いはずです。
この研修会では、DV被害者ケースに必要な見立ての枠組みと対応技術を提供します。講義だけでなく、講師によるデモンストレーション、ロールプレイ実習もふんだんに取り入れ、次の日から現場で役立つノウハウが満載です。日本でこれほど詳細に具体的対応を学ぶ機会は多くはありません。ぜひご参加下さい。

【内容項目】
DVの本質/被害者の心理機制/被害者が安心感をもてる援助技法/ビデオを使ったグループ討議/
局面に応じた援助/ロールプレイ実習/リフレイミング・ブリーフセラピーの応用/二次被害防止/他
■参考:道あゆみ監修『ドメスティック・バイオレンス―絶望のフチからの出発』(実業之日本社)
→第4章「男性の更生」にて、本研修会の講師・草柳和之は、被害者支援の立場から、夫が更生プログラム参加の際に、被害女性が注意すべき点、疑問な出来事が起きた時の対応法等を解説している.

〔講 師〕 草柳 和之 (大東文化大学非常勤講師)

〔申込方法〕電話連絡の後、事前に受講費の振込みをして下さい。
[みずほ銀行 桜台支店 (普)1438903 名義:メンタルサービスセンター 草柳和之]


【講師・草柳和之:紹介】
メンタルサービスセンター代表・カウンセラー. 東京加害者臨床研究会代表.大東文化大学非常勤講師.長年,DV被害者支援に携わると同時に,日本で初めてDV加害者更生プログラムの体系的実践に着手, その方法論の整備,専門家研修の提供等により,この分野をリードしてきた.日本カウンセリング学会東京支部会・運営委員.民間相談機関連絡協議会幹事.著書に『ドメスティック・バイオレンス』(岩波書店) ,『DV加害男性への心理臨臨床の試み−脱暴力プログラムの新展開』(新水社)他,多数. 家庭裁判所・国の研究機関・自治体・弁護士会・大学・学会等から,幅広く講演や研修会の依頼を受けており, その優れた研修指導は多くの人々から支持されている.社会貢献支援財団より、平成27年度社会貢献者表彰受賞を受賞する.日本カウンセリング学会認定カウンセラー. 
問い合わせ先 メンタルサービスセンター:〒176-8799 練馬郵便局留/Tel.03-3993-6147、070・5016・1871  
関連URL http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/ 
この情報は、「メンタルサービスセンター」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ