ホーム > イベント > 耳の日の集い

件名 耳の日の集い
主催 川崎市中途失聴・難聴者協会 
イメージ画像  
開催日 2017年2月26日 
開催時刻 13時−16時(12:30受付開始) 
締切日 なし 
会場 川崎市国際交流センター ホール 
地図・案内図
 
定員 150名 
対象者 難聴・健聴を問わずどなたでも関心のある方 
申込方法 申込不要 
費用 入場無料 
内容詳細  3月3日は「ミミの日」ということで、川難聴では毎年この時期に聞こえの理解を広めるため「耳の日の集い」を開催しています。今年は2月26日(日)午後1時から4時まで川崎市国際交流センター・ホールで、手話についての講演とブラスバンドやチアリーディングといったアトラクションを柱にしたイベントを行うことになりました。
 第1部では、NPO手話技能検定協会・副理事長で、日本社会事業大学非常勤講師も務めていらっしゃる谷千春先生をお迎えし、「手話の楽しみ − 手話で社会とつながる −」をテーマに講演していただきます。聴覚障害者、健聴者を問わず、手話によるコミュニケーションを通じての共通の楽しさ、さらには様々な社会参画について、60分間たっぷりと手話通訳者としての体験談を語っていただきます。
 第2部は恒例の川難聴手話ダンスの披露に続き、モトスミ・ブレーメン通り商店街のブレーメンバンドを招待し演奏をしていただきます。ブレーメン通り商店街は、元住吉の駅から当会場の国際交流センターまで歩いてくる場合通ってくるとても活気溢れる商店街です。ブレーメンバンドはその商店街専属のバンドなのですが、私たちの活動拠点(情文センター)のすぐ近くということで出演をお願いしました。グリム童話「ブレーメンの音楽隊」を彷彿とさせる音楽を聴かせていただけるのでは?と期待しています。
 今年はさらにもう一つアトラクションがあります。同じく地元の高校、県立住吉高校のチアリーディング部を招待し演技を披露していただきます。住吉高校のチアリーディング部は全国大会で入賞するほどのクラブです。同じ地域にいるだけで大変誇らしいことですが、若さ溢れる美しい演技を見て元気がでることを保証いたします!
 当日はホール外のロビーで人工内耳と補聴器の展示も行う予定です。ご家族やお友達に難聴のことを理解していただくために、健聴・難聴を問わず多くの方にいらしていただければ幸いです。申込不要・入場無料ですのでお誘い合わせの上お気軽においでください。
 
問い合わせ先 kawa.nanchou@nifty.com
 
関連URL http://kawanan.life.coocan.jp/ 
添付ファイル H28チラシ改.pdf
この情報は、「川崎市中途失聴・難聴者協会」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ