ホーム > イベント > 講演と演奏の映写 「カウンセラーが DV防止の音楽を作曲家に作曲を依頼 した!?〜その特別な経験を語る」

件名 講演と演奏の映写 「カウンセラーが DV防止の音楽を作曲家に作曲を依頼 した!?〜その特別な経験を語る」
主催 メンタルサービスセンター 
イメージ画像  
開催日 2017年2月5日 
開催時刻 13:00〜15:00 
締切日  
会場 With You さいたま・視聴覚室:さいたま市中央区新都心2‐2 ホテルブリランテ武蔵野3・4F (JR埼玉新都心駅8分) 
地図・案内図
 
定員  
対象者 関心のある方 
申込方法 当日来場可 
費用 無料 
内容詳細  DV問題に携わる心理臨床家・草柳和之は、幅広い活動の発展の中で、音楽によるDV防止キャンペーンの必要性を思い立ち、これまで2曲〔注1〕、作曲家・野村誠〔注2〕に委嘱(作曲依頼)してきました。第一はピアノ曲で、15年以上にわたり、草柳氏自ら講演の際に演奏してきました。第二は驚異の発想の曲で、まずDVカルタ(下方に説明あり)を制作、続いて、その読み札の言葉を歌詞として、全4曲のピアノ伴奏歌曲として作曲されました。重たく、特異なテーマだけに、理解ある作曲家との幸運な出会いが必要でした。そして両曲とも、作曲家と委嘱者・草柳との思いがけない交流をへて生まれました。作曲を依頼するということは、多くの人がもつことのない特異な経験です。作曲料の相場は?/送られた譜面を最初に試し弾きして驚嘆した作曲者の才能とは?――時に迷走し、時に心躍るようなエピソードの数々を、今回、演奏ビデオを披露しながら、余すことなく語ります。


〔注1〕2曲について、簡単な紹介
●野村誠「DVがなくなる日のためのインテルメッツォ(間奏曲)」(2001)
→5-6分のピアノ曲。DV法施行直後のイベントで初演。曲名は「DV
がなくなる日までの間に演奏される曲」との意味で、「同曲が一刻も
早く演奏されないことを願う」という逆説的意図が込められている。
●草柳和之作詞・野村誠『DV撲滅ソング〜DVカルタを歌にした』(2014)
→歌詞はDVカルタを並べたもの。曲は明るく時に大胆、シュール
だがおかしい、このミスマッチがディープな音楽体験へと誘います。

〔注2〕【作曲家紹介:野村誠】
日本センチュリー交響楽団のコミュニティプログラムディレクター。インドネシア国立芸術大学客員教授、東京芸術大学
講師などを歴任。2003年第1回アサヒビール芸術賞他の受賞歴。
共著に『老人ホームに音楽がひびく』(晶文社)他がある。エディンバラ大学(英国)、マヒドン大学(タイ)、フォルクヴァング大学(ドイツ)、等でワークショップを行う。彼の曲は世界20カ国以上で演奏されている。

■DVカルタの説明
http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/Counselor%20Training%20Institute%20List%20page.htm 
問い合わせ先 メンタルサービスセンター:〒176-8799 練馬郵便局留/Tel.03-3993-6147、070-5016-1871

〔講演者〕草柳 和之 (大東文化大学非常勤講師)
【講演者紹介】
メンタルサービスセンター代表・カウンセラー.DV被害者支援に携わると同時に,日本で初めてDV加害者更生プログラムの実践と研究に着手,その実践は新聞・TV・雑誌等を通じて広く紹介される. 日本カウンセリング学会東京支部会・運営委員.
家庭裁判所・国の研究機関・自治体・弁護士会・大学・学会等から,幅広く講演依頼を受け,その優れた研修指導は多くの人々から支持されている.著書に『ドメスティック・バイオレンス』(岩波書店), 共著『標準 音楽療法入門 下』(春秋社), 他多数.社会貢献支援財団より、平成27年度社会貢献者表彰を受賞。 
関連URL http://www5e.biglobe.ne.jp/~m-s-c/ 
添付ファイル @2017.2.WithYouさいたまフェス-作曲委嘱をした特別な経験=案内.pdf
この情報は、「メンタルサービスセンター」により登録されました
前の画面へ戻る
▲ページトップ