(公財)かわさき市民活動センター
                     

【知って得する!市民活動・ボランティア活動のための助成金セミナー】2014ボランティア・市民活動団体のためのパワーアップセミナー

2014年11月29日(土)午後1時半〜4時半
参加者8名

【講師】
NPO法人藤沢市市民活動推進連絡会 
事務局長 手塚 明美さん

NPO法人藤沢市市民活動推進連絡会が指定管理者として管理運営を行っている、藤沢市市民活動推進センターの事務局長。藤沢市をはじめ神奈川県及び他都市の審議会や委員会に在籍し、NPOに関する情報提供に努めています。最近では、東北被災地域で活動するNPO人材育成支援を始めています。どの活動も市民目線であり、これから伸びようとする芽を見守る温かさと、おおらかさにあふれている。


「知って得する!市民活動・ボランティア活動のための助成金セミナー」は手塚 明美さん(NPO法人藤沢市市民活動推進連絡会 
事務局長)を講師に迎え開催しました。
活動を始めるにあたって、まずは資金計画を作成する。どの活動にどれくらいの資金需要があるのか。必要な資金をどのような手段でどれくらい調達するのか。
資金には会費や寄付金、事業収入などの自立性の高い収入と助成金や補助金、委託金などの自立性が低い収入とがあるが、これらを極力バランス良く調達できるのが理想。
その上で今回は「助成金申請のコツ」を学びました。
まずは、_歛蟆魴茲里燭瓩療蟷颪鬚靴燭き効果的に課題を解決したいC賃里亮主的な活動を応援したい、などの助成する側の事情を知ること。
応募先の選定にあたっては県内・市内の公的助成、助成金サイト、中間支援組織を活用しながら、テーマ・分野、地域性、助成金額、活動期間と応募期間などを考慮して募集要項を取り寄せる。
助成制度の概要や審査基準などを把握し、役員やメンバーとの合意の上、申請書の仮作成に入る。
今回は「かわさき市民公益活動助成金」の募集要項を確認しながら実際に申請書式に沿って要点を記入していきました。
作成のポイントとしては、|でもわかる言葉で書く△匹鵑兵匆駝簑蠅房茲蠢箸爐里明らかにするI然性を表現するぜ存讐椎修淵廛薀鵑鮑遒覘イ△訥度は独自色を出すΩ果を想定する予算はわかりやすく┰成終了後の見通しを予想する。
参加者アンケート
「継続に向けての方向性が良く理解できた。」
「細部にわたり説明いただき非常にわかりやすかった。」
「各人の発表の後に、注意すべき点を細かく指示、指導してくださりありがたかったです。」
情報掲載日:2014/12/03

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜