川崎から公害をなくす会
                               

8.住民による、二酸化炭素の測定結果

 二酸化炭素など温室効果ガスにより、地球の温暖化が進んでいます。熱帯夜や集中豪雨など、異常気象はすっかり身近なものとなっています。川崎のような大都市ではこれにヒ-トアイランド現象が加わっています。
 ところで、残念ながら県も市も、川崎市内の二酸化炭素の測定を実施していません。

 そこで、私たちはやむなくその実態をつかむべく、簡易測定を開始することにしました。ぜひ、その結果から、温暖化を防ぐにはどうしたらよいか考えて頂きたいと思います。

1.川崎臨海部の工場地帯における 測定結果

 2014年7月21・22・23・24日の4回(日)、PM2.5の調査の実施時に、二酸化炭素についても測定しました。
 なお、21日と23日は夜間、22日と24日は午前中です。
 ここでは、各日ごとの平均値と4回(日)の総平均値の結果について掲載します。2分間測定のうちの最大値。(単位は、ppm)。

10地点の平均値
21日夜間  405ppm 
 22日午前 580ppm
 23日夜間 437ppm
 24日午前 594ppm

4回(日)の総平均値
1大川町・日清製粉前公園 495
2JR浜川崎駅前 540
3JR扇町駅前 572
4水江町・日立造船入口 475
5南部リサイクルセンタ-前503
6千鳥町・ちどり公園入口 573
7東扇島中公園 403
8東扇島西公園 396
9殿町・下河原児童公園 560
10浮島・浮島中央バス停 529
全体の平均 505ppm

◎発生源がない所の濃度
 -気象庁調べ-
2014年4月の月平均値
 綾里    407.0ppm
南鳥島    402.7ppm
与那国島 405.9ppm





*詳細は、事務局へお問い合わせ ください。
 
       (2014.8.9)

2.市南部と北部の比較調査結果

 2014年12月12日(金)の午前中、鉄道各駅で二酸化炭素の簡易測定を実施しましたので、参考まで掲載します。各駅の最大値は次のとおりで、平均でみると、南部の方が北部より高くでました。なお、当日は気象条件により、普段より全体として低目でした。

 
1.各駅の結果
 (川崎区)
 京急大師   122 ppm
 同・産業道路 273 ppm
 同・小島新田 204 ppm
 同・川崎 155 ppm
JR八丁畷 121 ppm
 同・渡田新町 160 ppm
 同・浜川崎 109 ppm
 (多摩・麻生区)
小田急登戸 114 ppm
 同・生田 108 ppm
 同・百合丘 113 ppm
 同・柿生 112 ppm
 同・栗平 119 ppm

2.平均値 (ppm)
 川崎区 163 多摩麻生区 113

市域の、二酸化炭素排出量の約95%は南部の工場等から出ていることが分かっています。これを抜本的に削減するための、なくす会の提案については、団体活動紹介-意見等」のところを見てください。
(2014.12.28)


 
情報掲載日:2015/01/04

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜