川崎市育成会手をむすぶ親の会
                             

おしゃべり塾〜こんなときどうしてる?「あんしんノート」の使い方〜

 6月13日(木)、地域福祉施設「ちどり」で、おしゃべり塾〜こんなときどうしてる?「あんしんノート」の使い方〜を開催しました。
 初めに、「あんしんノート」の書き方のポイントを説明して、今回のテーマである「障害基礎年金」について、3名の方からどのように手続きを行ったかをお話ししていただきました。申請に必要な書類のことや区役所の年金課の窓口でのことなど詳しく説明があり、とても役に立つ情報が得られたと思います。
 次回のおしゃべり塾もにも、皆さまお誘いあわせの上、ぜひ、足を運んでください。
 よろしくお願いします。

「あんしんノート」書き方のポイントの説明では、『エコマップ』、『基本情報』、『1日の流れ』の3項目を記入することで、支援してくれる人に障害のある人の大まかなことが伝わることをお知らせしました。
 質問もたくさん出されました。特に、診断書を書いてもらうまでの経緯は、3名の方、それぞれに苦労が違うものでした。また、年金課にいくときには、詳しく説明してくれるので、時間に余裕を持っていった方がよいとのことでした。
「あんしんノート」改訂中です!今、権利擁護委員会では、「あんしんノート」をより記入しやすく、支援者の方にもわかりやすくするため、これまでの「あんしんノート」を見直しています。
 できるだけ早く、皆さまに提供できるよう努力しています。
情報掲載日:2019/06/16

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜