(特非)科学実験教室サポーター・くじら
                           

科学技術館実験教室「光の色を見よう」

10月21日(土)に科学技術館にて「光の色を見よう」というテーマで実験教室を行いました。「分光」と「偏光」をキーワードとして、“深佑砲茲詈光、回折による分光、J亳板を利用した色の模様の作成の実験を行いました。それぞれ工作として.ラキラ虹のコマ、虹の箱、カラフル万華鏡を作成し、子どもたちに持ち帰ってもらいました。(左の写真は偏光板を利用したカラフル万華鏡の画像です)

ホログラム折り紙を厚紙に貼り、コマを作成して、回して光を当てると、「反射による分光」により虹が見えます。
分光シート(回折格子)を紙コップに開けた穴に貼り、もう一つの紙コップに好きなように穴を開けて、コップを合わせて蛍光灯等をのぞくと分光により虹の模様が見えます。
偏光板の性質を確認するために、偏光板を通してパソコンの画面を見たり、プロジェクタの光に当てたり、2つの偏光板を合わせて見たりします。その後、その間にセロテープを貼ったビニール片を挟んで色が見えること確かめます。
情報掲載日:2017/12/17

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜