(特非)科学実験教室サポーター・くじら
                           

かわさきサイエンスチャレンジ

 8月5、6日とかながわサイエンスパーク(KSP)で行われてた「かわさきサイエンスチャレンジ」に参加してきました。
 今年も大勢の子どもたちが参加してくれました。遊びに来てくれたみなさん、ありがとうございました。科学の楽しさを感じ取ってくれていたら、嬉しい限りです。
 今年は「飛べ!パラシュート」と「偏光板で遊ぼう」を実施しました。
 パラシュートは風の力で高く飛ぶパラシュートを見て「やってみたい」と、多くの子どもたちが工夫して高く飛ぶパラシュートを考えていました。
 偏光板は、タイトルで面白さが伝わりづらかったのが残念でしたが、参加した子どもたちは偏光板の不思議や面白さに気付き、最後は楽しそうな表情を見せてくれました。
 来年も「科学の楽しさ」が伝わるように、今から考えたいと思います。

 
   

パラシュートに穴をあけたり、クリップ(おもり)の数を変えたりと、みんな熱心に工夫していました。すばらしいです。
どこまで飛んでいくか、ドキドキしながら見守っています。
高く飛んだときの子どもの笑顔は本当にキラキラしています。
偏光板は、実は身の回りにたくさん使われています。
1枚では普通の板に見えますが、2枚の偏光板を重ねると、不思議なことが起こります。
偏光板の間に、プラスチックのスプーンやフォーク、セロテープなどを挟むと、とても面白いことが起こります。
子どもたちから、驚きの声が上がっていました。
情報掲載日:

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜