川崎市育成会手をむすぶ親の会
                             

おしゃべり多摩3月

 3月17日(金)10名の参加者でお茶とお菓子を囲んで行いました。
 最初に、先日の研修会、災害についての報告や川崎市自立支援協議会の様子などの話がありました。  
 次に、NPO法人かわさき障がい者権利擁護センターの保佐人業務を担当している方から仕事内容などをお聞きしました。月に1回は面談をするとのことで、「相談がある」と電話があったので来週行くとも言っていました。日々の生活の中で子どもの権利を侵害していることに気付かされる時もあり、親として、ゆくゆくはこうしてほしいという思いでお手伝いをしているとのことでした。
 また、別の方から「子供がまだ小さいころ、笑顔の出る子供に育てなさいと訓練先で言われて心がけている」ということを聞きました。
 将来、子どもを誰に託すのか。より良い方法を話し合っていきたいと思います。
 今回も楽しく笑いのあるひとときの中にとても大切お話を聞くことができました。

情報掲載日:

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜