(特非)科学実験教室サポーター・くじら
                           

白山サイエンス「スーパーボールとスライムつくり」

 第6回目を迎えた「白山サイエンス」は 未就学児から6年生まで ほぼ全学年にわたって男子女子半数ずつ 多彩な顔ぶれの子どもたちで賑わいました。
 
 狙いはスーパーボールとスライムつくりを通して 化学反応の不思議に目をむけること。

 水と仲良しのPVAから もっと水と仲良しの塩が水を奪ってしまうこと、ホウ砂がPVAをつなぎ合わせて、その間に水を抱え込んで固まることなどを実感しました。

 初めは「これに触るの?」「気持ちわるそう・・」と言ってたのに 全員夢中になってボールを丸めたり、スライムをコネコネコしました。
 洗濯のり(PVA)に塩を加えると液の中に固まりが出てきて それを丸めてかわいいボールをつくりました。
 
 ホウ砂溶液を洗濯のりに加えてかき混ぜ、机ので水を加えながらひたすらコネコネしました。
 だんだん柔らかくなって よーく伸びるスライムになりました。
情報掲載日:

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜