川崎市育成会手をむすぶ親の会
                             

第3回「あんしんノート」書き方講習会

 11月28日(月)、今年度3回目の「あんしんノート」書き方講習会を開催いたしました。今回は、22名の参加で初めての方も多数ご出席いただけました。
 書き方講習会では、記入のポイントを説明し、初めての方にはまず、エコマップ、基本情報から記入すること、気負わずにあんしんノートを作り、ご本人の状況に併せて情報の更新を続けていくことの必要性をお伝えしました。
 いろいろなところに散漫になりがちな情報をまとめて綴っておくファイルとして活かせる「あんしんノート」を作っていくことの大切さを長年取り組んでこられた方からアドバイスとしてお話いただきました。
 座談会では、〜グループホームで生活したらどのくらいかかるの?〜というテーマで、今泉修一氏(NPO法人チャレンジドサポートプロジェクト・グループホームいずみ管理者)に事前に質問をお送りし、いただいた回答を資料として配布しました。グループホームでの日常生活の様子のスライドと併せていろいろな疑問にも答えていただきました。
 限られた時間でしたが、グループホームについてのいろいろな情報を得ることのできた座談会となりまし

グループホームの様子を伺いました
情報掲載日:

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜