音楽好きな友の会
                         

子どもたちにも好評の「イダナカハロウィン」投げ銭ライブ!!

 当日はあいにくの曇り空で、寒さが厳しかったですが、雨には見舞われずライブを開始することができました。元住吉の3商店街がそれの思考をこらしハロウィンを盛り上げました。井田中ノ町商栄会は「イダナカハロウィン」と称して〜秋空フリマ〜元住吉の気軽な音楽会「街角投げ銭ライブ」〜を開催。また店舗では仮装をしたかわいい子供たちに沢山のお菓子を配ったりして親子共々大喜びで楽しんでいました。投げ銭ライブも皆さんのおかげでお札が入っていたり沢山いただきました・・・(笑)。(松波陽介・記)

トップバッターは『くじら座』のお二人。現在「くじらぐも」を歌うギターボーカル牧野憲人さん(静岡在住)、 「くじらのマーチ」を歌うピアノボーカル牧野くみさん(東京在住)のお二人の アコースティックユニット。 このバンドの売りは何と言ってもズバリ、キャッチーなメロディーと美しいハーモニー!。両人が作詞・作曲を手がけ るということもありナイスなコンビネーションでの演奏も非常に素晴らしかったです。時折カバー曲などを織り交ぜつつ、みんなの知っている曲をアレンジして、新たに楽曲の可能性を広げているな、というところも聴きどころの一つでした。憲人さんとくみさんのMCの掛け合いも素晴らしかった。
次に『松波トリオ』は自分自身が参加しているバンドで、今回はサックス、ピアノ、ディジュリデュ(今回はパーカッション的に使用したが、本来はオーストラリアのアボリジニが儀礼の際に使用する楽器)、という変わった編成で演奏をしてみました。演奏は主にジャズのスタンダードナンバー。自分自身二人と演奏するのは久しぶりでしたが、“ジャズ”という共通したものがあったのでなんだか久しぶりに演奏しているという気持ちはあまりなく、とてものびのびと演奏することが出来ました。
最後は、ソロでもよし、他の楽器とのアンサンブルでもよし、様々なジャンルの音楽に対応できる小さな楽器、ブルースハープ愛好家の方達が集まるサークル『自由が丘ブルースハープクラブ』の方々の演奏でした。今回は三人の方がソロで演奏したり、弾き語り(この場合は弾きブルースハープ)のような感じで演奏したり、伴奏に合わせて演奏していただきました!聴き馴染みのある懐かしい曲を中心に演奏されていて、だんだんと夕方に向かう空模様とマッチして、ハロウィンの仮装をしている子どもたちが時折足を止めて演奏を聞いているのが印象的でした。また、ブルースハープ一本でリズムを刻んだり、メロディーをのびのびと演奏したりと、ブルースハープの知らない面を見ることが出来たのも非常に興味深かったです。
情報掲載日:2016/11/11

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜