(公財)かわさき市民活動センター
                     

『地域メディアの積極的活用術』2016ボランティア・市民活動団体のためのパワーアップセミナー

2016年7月30日(土)午後1時半〜4時半
参加者17名

【講師】
イッツ・コミュニケーションズ株式会社
地域情報番組制作担当 
宮川 真里さん・涌井 克行さん

iTSCOM(イッツコム)のTV(ニュース、文字放送、データ放送)、web、コミュニティFM、冊子などで地域情報発信を行っています。 行政情報や商店街、地元の市民活動・ボランティアの取組みなど、市民の皆様に役立つ情報を発信しています。
【講師からの一言】私たちは街歩きが大好きです。街で地域のお知らせを見つけるとワクワクします!

初めて開催する本セミナーは、市民活動をしている人に、|聾汽瓮妊アのケーブルTVの特徴や役割を知ってもらう 広報媒体の1つとして、積極的に利用して情報を発信してもらう、ことを目的としています。
地元メディアの1つであるイッツコムの宮川さんと涌井さんを講師に迎え、箱馬に乗せられた大きなモニターと業務用カメラが設置されたセミナー会場は、ちょっとしたスタジオのような雰囲気になりました。
最初に、知ってるようで実はあまりよくわかっていない、ケーブルテレビの特徴との説明から始まりました。
ケーブルTVはただ沢山のチャンネルが観られるだけではなく、「地域の安心安全な暮らしのための情報や、地域に役立つ情報を伝える」役割も持っています。
まず、イッツコムが地域情報を発信する番組について知ってもらうため「地モトTV おかえり!KANAGAWA」「なかはらスマイル(中原区)」の2つの番組を観て頂きました。
そして、ここからがメディア取材ならではの真骨頂。
宮川さんが、実際にインタビュー体験してもらうべく、自己紹介も兼ねて参加者1人1人にインタビューを行いました。
インタビューの様子がモニターに映され、実際どんな風にTVに映るのかも目にできました。
参加者が、宮川さんの矢継ぎ早の質問や軽快なテンポに圧倒され、流石プロだと感心をしているうちに、全員のインタビューが終わりました。インタビューを通じてお互いのことを知り、場の雰囲気がホットでフレンドリーに変わりました。
次に、地元メディアが「どのように情報を収集・取捨選択をして、実際の取材に結びつけているのか?」についての講義を行いました。
その後「どのように発信すれば地域メディアの目に止まり取材に来てもらえる」かというテーマのワークショップをしました。
お2人が用意した架空団体「美ビット・かわさき」のデータ(活動目的・活動内容・今後の予定・今後の目標)をもとに取材依頼を考えてプレゼンをします。
4グループに分かれた参加者は、与えられた同じ情報の中から取捨選択しつつ、模造紙の上に色とりどりのマジックでアピール内容やイラストなどを書き、いかにプレゼンで目立つかの工夫をしていました。
グループ発表時も、カメラを通じてモニターに映し出され、他のセミナーとは一味違ったプレゼンとなりました。
発表後にお2人から、どういった点が効果的だったか、逆にどの点が不足しているかの総評がありました。
具体的な活動日が書かれていると「いつ取材にいけば良いのか」を事前に把握でき、より訴求効果があり、そういった点に気付く事も大切との視点がありました。
最後に、川崎市に関わる地域メディア窓口の案内や、ケーブルTVだけではなく、地域・防災情報をお届けする無料アプリ「LiDi」もあり、情報発信ツールの1つとして積極的に活用して欲しいというアドバイスがありました。
セミナー終了後、参加者がお2人に積極的に質問してアプローチしている姿が印象的で、遠いと思っていたTVメディアが身近に感じられるようになったセミナーになりました。
【参加者アンケート】
「地域メディアを活用することが身近になりました」
「放送の作成側の基準がわかったことです。何が大切な要素であるのか」
「イッツコムの会社の最近の地域別及び全体の活動を理解できました」
「TVを通しての広報は遠い先にあるものと思っていたが、近さを感じられて良かった」
「インタビューのしかたがさすがと思った。ワークショップが面白かった。情報の仕込みが細かい!スタッフの方が、地域の情報を伝えるために、真摯に取り組んでいらっしゃることが分かった」
「ワークショップ作業はある意味で取材に対するチラシともいえるので勉強になりました」
「短時間で意見をまとめるむずかしさを体験しました」
「何をポイントにして伝えるか、一見簡単なようでむずかしいこともいろいろあると感じました」
情報掲載日:2016/08/09

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜