フクシマを忘れない会
                               

【10年後のフクシマ その1 憂いを感じる、夜ノ森の桜並木?】

 福島県富岡町字夜の森には、樹令100年のソメイヨシノが並び、見事なサクラのトンネルをつくっている。去る4月3日(土)にも多くの人が見学に来ていた。

 しかし、トップ写真の先には許可された人しか入れない。

 道路に落ちた桜の花を素手で拾上げ、空に舞いあげた女の子。「やめなさい」と母親が声を上げる。並木通りに設置された「この先期間困難区域につき通行止め」の看板をじっとみる若い人たち。駐車場になった「富岡第第二中学校」で唯一のこされた校門も撮影する年配女性。

 復興とは「[一度衰えたもの・を(が)]もう一度盛んに・する(なる)こと」(新明解国語辞典)

 校庭跡地の出店では食べ物の販売はほとんどない。飲み物だけ。地元の社会法人ワークセンターの「青のりさしみこんにゃく」買ったら、おまけに「糸こんにゃく」もくれた。道路に1件だけできた出店で、お好み焼きを買って、人混みを避けて食べたら冷えてまずかった。

 道路両面に設置された柵は比較的な新しいようにも見え、せっかくのみごとな桜並木に、憂さえ感じた。


情報掲載日:2021/04/05

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜