(特非)科学実験教室サポーター・くじら
                           

地震の科学 〜地震と共に生きる〜

 かわさき宙と緑の科学館で、サイエンス教室を実施しました。今回は「地震」をテーマにしました。
 下の写真は、p波とs波を子どもたちに体験しながら学んでもらっている様子です。実験は単純なんですが、大人のサポートがないと実験の意味を理解するのはとても難しい実験です。なので、各テーブルのくじらメンバーを中心に実験し、子どもたちは理解しながら実験を進めることができました。
 コロナウイルス感染防止の中、子どもたちは気を付けながら、実験ができました。私達もこの状況下の中、どうしたらできるかを工夫しながら子どもたちのためにできたらよいと思いました。

 
   

 地震による影響として、液状化現象を実験を通して、子どもたちに紹介しました。実際の写真を見て、実験を行うことで子どもたちは理解を深めていました。
 建物が揺れないようにするにはどうしたらよいかを模型を使って実験しました。対策をしている方としていない方を比べることで、その効果を実感することができました。
 教室の最後に地震計をつくりました。工作を通して、昔の人がどのように地震を計測していたかを学ぶことができました。
情報掲載日:2020/09/07

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜