NPO法人 科学実験教室サポーター・くじら
                           

「カラフルカプセルをつくろう」白山こ文  4月12日(水曜日)

 'くじら’の新年度第一回目の実験教室 白山サイエンス「カラフルカプセルをつくろう」は、新一年生2名を含めて全学年にわたる24名の参加者を集めて大盛況でした。
 
 今回も1月のスライム・スーパーボールつくりに続いて化学がテーマでした。

 ます塩化カルシウムという白い粒が水に溶けるとき熱を出すことを体感しました。
 化学反応の簡単な、しかし少し難しいお話のあとスポイトの使い方を練習しました。
 あとはひたすら粒々作りです。
 スポイトで塩化カルシウム液に落としたアルギン酸ナトリウム液が、たちまち粒々に変身するのがとても印象的でした。
 練習の成果があって皆スポイトの正しい使い方をすることができました。
 途中からは色を混ぜて独自の色を作って楽しんだり、色を全部混ぜるとどのような色になるかなど試して楽しみました。
 募集のビラの写真や、こ文で見た出来上がりの見本はこのようなイメージでした・・・
 
 実際に作ってボトルに入れると・・
 浮く粒々と沈む粒々に分かれて二層になりました。
 「どうしてだろ?・・・」と疑問を発したお友達が複数いました。「科学する」(疑問を持つ)心がとても大切です。
情報掲載日:

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜