かわさきアトム工房
                               

2019.8.3.4かわさきサイエンスチャレンジ

 8月3日(土)4日(日)
 かながわサイエンスパーク(KSP)で開かれたかわさきサイエンスチャレンジに参加してきました。
 「科学と遊ぼう!ワクワクドキドキ玉手箱」のコーナーで「サインペンの不思議」のブースを担当しました。
 また、科学サポーター研修会の研修生が「もしも原子が見えたなら」のブースを担当しました。
 とてもたくさんのお客様に参加していただけました。

「サインペンの不思議のブースの様子です。
水性のサインペンで絵を描き→
綿棒で真ん中に水をつけて、にじませるとこんな絵になりました。
パウチをして、しおりにしました。
「もしも原子が見えたなら」のブースでは、シミュレーション版《もしも原子が見えたなら》を使用して進めました。
一億倍の原子模型を使って空気中の分子にさわってもらいました。
シールを貼って、空気中に見られる分子についてまとめました。
二つのブースは、隣り合っていました。
情報掲載日:2019/08/13

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜