(公財)かわさき市民活動センター
                     

川崎防災ボランティアネットワークが東日本大震災の被災地支援活動を行いました

 「川崎防災ボランティアネットワーク(事務局:かわさき市民活動センター)」では、東日本大震災の被災地支援活動として、6月7日(火)に宮城県仙台市宮城野区にある避難所へ支援物資を運搬しました。
 参加したのは、同ネットワークからガールスカウト川崎市連絡会の野村さん、NPO法人日本災害救護推進協議会の河波さん、当センター職員の3名です。

 支援物資としては、同ネットワークの構成団体や関係団体から寄付された、夏物を中心とした肌着や下着などの衣料品、BOXティッシュ、魚の缶詰などで、段ボール箱で10箱以上になりました。
 支援物資の運搬先は、支援要請のあった宮城野区内の高砂市民センター、福室市民センター、田子市民センターにある3か所の避難所です。
 仙台市内を中心に、被災者のご案内により現地で支援活動している方などからお話しを伺いました。復興まで、息の長い支援活動が求められます。
情報掲載日:2011/07/12

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜