川崎市中部身体障害者福祉会館作業室こすぎ
                           

団体概要 その他法人

団体名 川崎市中部身体障害者福祉会館作業室こすぎ
団体名 ふりがな かわさきしちゅうぶしんたいしょうがいしゃふくしかいかんさぎょうしつこすぎ

代表者
氏名 小林とく子
氏名 ふりがな こばやしとくこ
性別 女性

連絡先
211-0068
住所 神奈川県川崎市中原区小杉御殿町2-114-1 川崎市中部身体障害者福祉会館
電話番号 044-733-9749
電話番号(2)  
FAX番号  
E-mail tsfks@mbr.nifty.com
連絡先の区分 事務局
事務局担当者 菱沼慶太
事務局担当者 ふりがな ひしぬまけいた

基本情報
ホームページURL  
設立目的 ・設立について、障害者自立支援法にもとづく日中活動サービスの事業所として、生活介護及び就労継続支援B型を多機能型により運営します。また本事業所は、川崎市より財団法人川崎市身体障害者協会が指定管理を受けた「川崎市中部身体障害者福祉会館」の事業の一環として実施します。
・運営方針として、各利用者の希望・生活ニーズや障害の状況などを十分に考慮した上で、各利用者の目標を設定し、その目標を達成できるよう必要な援助・相談などを行います。また、各利用者が地域の中で共に生きるという共生の理念を念頭に、地域の中で共に生きかつ自立した生活が営めるよう、また利用者自身がその生活に生きがいを感じられるよう、援助・相談などを行います。
事業(活動)内容 (1) 利用者のニーズと障害状況から、生活介護は、健康・生活支援を重視し、就労継続支援は、作業活動、就労支援を重視し、ともに社会生活支援・機能訓練をあわせて行います。
(2) 各利用者のニーズや障害の状況を考慮した創作的な活動及び作業を提供し、創作をする喜びや完成した時の達成感などを感じてもらい、また活動を通じて連帯感や責任感・協調性を育めるよう、支援を行います。
(3) 地域の中での様々な人との交流の機会の場を提供し、利用者自身の社会的な経験を豊かにし、より前向きに社会と向き合っていけるよう支援を行います。また、地域の中に積極的に進出し地域との接点を強化し、地域参加をすすめます。
(4) 利用者の自立の一助とするために、自らが自己選択・自己決定する機会を増やし、自分の生活に関することは自分で選択し、かつ決定できるよう支援を行います。
(5) 利用者が生きがいを感じ、またより豊かな生活をおくれるよう、各利用者の希望、要望、生活ニーズなどを把握した上で、目標を設定します。またその目標を達成すべく必要な支援を行います。
(6) 各利用者が自身の生活を営む上での心配や不安などに対しても、プライバシーの保護に十分配慮した上で、障害者相談支援センターなどと協力し、積極的にその解決に取り組みます。
活動実績 ・自主製品の製作(キャンドル・陶芸・カレンダー他)
・中原区民際、中原健康福祉祭り、川崎市民の集い、他での自主製品の販売
・職業体験の受け入れ(小中学生)
・教育実習生の受け入れ(大学生)
活動分野 障害者・児、社会教育、生涯学習、学校・教育
中心的な活動分野 障害者・児
活動日時 土日・祝祭日を除く平日(月に1回程度土曜営業有)
活動地域 幸区、 中原区、 高津区
主な活動場所 川崎市中部身体障害者福祉会館
設立年月日  
活動メンバー数 (男女比率 男40:女60)
活動メンバーの主な年齢層  
活動メンバーの募集  
メンバー募集の際の年齢・技能などの条件  
代表者交代の時期  
年間予算  
財源確保の手段   
会費の有無  
他団体や個人などからの寄付 なし 
助成金獲得実績  
協働経験  
協働実績  
提供できる社会的資源  
社会資源の詳細  
法人格の取得 取得している

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜