(特非)かわさき創造プロジェクト
                             

団体概要 NPO法人(特定非営利活動法人)

団体名 (特非)かわさき創造プロジェクト
団体名 ふりがな かわさきそうぞうぷろじぇくと

代表者
氏名 栗田 正道
氏名 ふりがな くりた まさみち
性別 男性

連絡先
 
住所  
電話番号 044-951-1089
電話番号(2)  
FAX番号 044-951-1089
E-mail secretary@kawasaki-sozo.net
連絡先の区分 事務局
事務局担当者 森 正昭
事務局担当者 ふりがな もり まさあき

基本情報
ホームページURL http://kawasaki-sozo.net/
設立目的 この法人は、主として川崎市に居住するシニアや地域参加を望む人々に対し 地域に密着した有用な情報提供や地域課題解決に向けた支援活動を行い、地域参加の機会と場を提供し、豊かなシニアライフ構築と市民生活向上に寄与することを目的とする。
併せて、子どもの教育指導を行う機関に対し、教育支援活動を行い、地域教育力の増進に寄与することを目的とする。
事業(活動)内容 <地域情報受発信に関する事業>
● 川崎シニアポータル「かわぽ」事業:市内各所に行ってイベントを取材し、HPへ掲載、養成講座を行い、広く参加を呼び掛けている。
<シニアを中心とする市民の社会参加支援事業>
● シニア向けPC教室:麻生いこいの家、百合丘いこいの家、中野島新多摩ハイム、大山街道ふるさと館など市内8カ所で開催
● シニアパワーアップ事業:
 ・シニアライフ講演会開催、
 ・シニア向けPC教室を59回開催、
 ・傾聴講座開催
<教育活動支援事業>
● 小学校のPC学習支援事業:市内6カ所の小学校で、PC活用授業のサポート41日間実施、生涯学習財団と連携し養成講座開催
● 地域の寺子屋事業/中野島小学校で実施
活動実績 2016年度実績は以下のとおり
● 川崎シニアポータル「かわぽ」事業
  リポ-ト件数/50件、おすすめイベント掲載/70件 
● シニアのパソコン教室(市内6ヶ所で229回開催) 
● シニアパワーアップ事業(8年間継続開催中)
 ・シニアライフ講演会
 2009年/堀田力氏、2010年/木村大作氏、2011年/袖井孝子氏、2012年/田部井淳子氏、2013年/鎌田實氏、2014年/三浦豪太氏、2015年/今井通子氏、2016年/小泉武夫氏
 ・シニア傾聴講座 6回の講座と体験実習 
 ・シニアPC教室 入門講座2か所、初級講座1ヶ所  
● 小学校のパソコン学習支援事業
  5校で36日実施、スタッフ延べ143名参加
● 地域の寺子屋事業/中野島小学校で実施
活動分野 社会教育、生涯学習、まちづくり、子どもの健全育成、学校・教育、情報化社会
中心的な活動分野 社会教育、生涯学習
活動日時 各事業ごとに決めている
活動地域 川崎区、 幸区、 中原区、 高津区、 宮前区、 多摩区、 麻生区
主な活動場所 多摩区中野島6-27 新多摩川ハイム4号棟1F
設立年月日 2005年4月
活動メンバー数 合計人数83名  (男女比率 男60:女40)
活動メンバーの主な年齢層 60代
活動メンバーの募集 会員募集中
メンバー募集の際の年齢・技能などの条件 ・ 設立目的に賛同いただいた人
・ 原則として川崎市に在住または在勤の人
代表者交代の時期 隔年の5月
年間予算 400万円以上〜500万円未満
財源確保の手段 会費 助成金 事業収入 その他 その他(事業委託金)
会費の有無 あり 正会員/年会費3,000円、準会員/1,000円
他団体や個人などからの寄付 企業
団体
個人
助成金獲得実績 平成18年度かわさき市民公益活動助成金・スタートアップ助成
平成20年度かわさき市民公益活動助成金・ステップアップ30助成
平成26〜28年度かわさき市民公益活動助成金・ステップアップ100助成
協働経験 協働経験がある
協働実績 行政:シニアリポーター事業、シニアパワーアップ事業
学校施設有効活用事業・中野島小学校モデル事業、寺子屋事業
提供できる社会的資源 技術提供 物資提供 イベント等での企画協力 イベント等での人材提供 講師派遣
社会資源の詳細 講師派遣:IT関係のサポート
IT関連機材の貸出:当会主催のPC教室に限る
会員が持つスキルの提供:編み物、手芸、英会話、囲碁など
法人格の取得 取得している

前のページへ戻る
かわさき市民活動ポータルサイト〜応援ナビかわさき〜