川崎から公害をなくす会
川崎区桜本から、産業道路・臨海部方面を望む
 −川崎から公害をなくす会とは−

 本会は、1969年5月発足以来今日まで、大気汚染を中心に、川崎からすべての公害根絶と被害者の完全救済を求め、大企業や行政との交渉、学習・宣伝、測定・調査活動などに取り組んできました。その結果、煤塵や硫黄酸化物は大幅に改善され、浮遊粒子状物質・窒素酸化物も改善傾向が見られるまでになりました。公害関係諸制度の充実も、一定図られてきました。
 いかし、公害はいまだに解決されていません。光化学オキシダントや酸性雨が未解決なのはもちろん、人体に一層有害な微小粒子状物質(pm2.5)やナノ粒子、最近社会問題なっている二酸化炭素(地球温暖化物質)などの問題が山積しています。他方、周知のように、ぜんそく・慢性閉塞性肺疾患などによる市民の公害被害も増え続けています。
 近年、地球環境問題におされて公害問題が軽視されている風潮がありますが、公害は環境と深く関わっており、すべての環境問題の基底にあることの理解が必要であると考えます。いまや、南部や中部だけでなく、公害は市の北部へと拡がっています。
 皆さんの活動と連帯し、引き続き奮闘していきます。

      2010年10月







































































 
活動報告
5.最近の、機関紙のニュ−スから5.最近の、機関紙のニュ−スから
〃秡する、市民の呼吸器疾患による死亡! 2010年7月号 川崎市統計書に掲載されている、死亡統計…
2.意見書等2.意見書等
\邵蟷坿超基本計画年次報告書(2009年度版)に係る市民意見(2010.3.2) ア、二酸化窒素の対策目標値…
7.住民による、大気汚染測定結果
5.最近の、機関紙のニュ−スから5.最近の、機関紙のニュ−スから
〃秡する、市民の呼吸器疾患による死亡! 2010年7月号 川崎市統計書に掲載されている、死亡統計…
2.意見書等2.意見書等
\邵蟷坿超基本計画年次報告書(2009年度版)に係る市民意見(2010.3.2) ア、二酸化窒素の対策目標値…
3.リ−フレットの案内3.リ−フレットの案内
本会は、活動の一環としてこれまで、以下のような公害環境教育用のためのリ−フレットを作成してきました…
9.環境影響評価 / 公聴会の公述要旨9.環境影響評価 / 公聴会の公述要旨
なくす会はこれまで、新たな開発計画・大規模事業の実施に関し、環境影響評価に係る取り組みを進めてきま…
6.市内放射線量の調査結果について6.市内放射線量の調査結果について
東電福島第一原発事故から、1年が経過しました。その後、市内の空中放射線量はどうなっているのか。 川…
8.住民による、二酸化炭素の測定結果8.住民による、二酸化炭素の測定結果
二酸化炭素など温室効果ガスにより、地球の温暖化が進んでいます。熱帯夜や集中豪雨など、異常気象はすっ…
1.請願・陳情1.請願・陳情
。横娃娃掲9月27日/川崎市議会宛て 環境影響評価制度の改善並びに拡充を求める陳情 (前文略) 1…
4.創設40周年記念報告集4.創設40周年記念報告集
本会は、2009年5月、創設40周年を迎えました。これを記念して、過去40年間の運動のあらましや大…